調べたこと

ファンデを使わないという選択!きれいに見せるコツは?

皆さんこんにちは、晴です。

突然ですが皆さん、ファンデーションは使っていますか?

スポンサーリンク

私は何度も迷ったり試したりしたのですが、結局30歳の今までファンデなし=ノーファンデで過ごしています。

スポンサーリンク






どうも時間が経ってほうれい線にファンデが溜まってしまった姿が嫌で・・・。あと服についたり、着けていないよりはやはり乾燥しますし、化粧品増やすと出費も馬鹿にならないし、じゃあ着けなくてもいっか!という結論になりました(笑)

私の普段のスキンケアとメイクはこんな感じです。

(朝)

スキンケア
洗顔→化粧水→クリーム(普通の+部分用)→日焼け止め

メイク
アイシャドウ→マスカラ→リップクリーム→リップ

(夜)

スキンケア
クレンジング→洗顔→化粧水→クリーム

基本的にこれだけです。どちらかというとメイクよりスキンケアを重視しているので、メイクは最低限しかしていません。

しかし5月から6月に入って、もうすぐ夏本番に突入しようというこの時期、化粧品会社はこぞってUVカットのファンデーションやパウダーを押し出してくるようになりました!

ノーファンデ派の私もちょっと気になってしまったりして・・・。

改めて調べてみようと思った次第です!

ノーファンデのメリット・デメリット、きれいに見せるためのポイントをまとめていきますね(ง •̀ω•́)ง✧

ノーファンデのメリット

  • キメが細かくなる
  • 乾燥しにくい
  • ニキビができにくくなる
  • 毛穴の状態がよくなる
  • 化粧崩れを気にしなくていい
  • 時短になる
  • 肌の状態に気がつきやすい

総体的に肌の調子がよくなるということですね。
やはりそれを求めてノーファンデにされる方が多いようです。

ファンデーションは少なからず肌に負担をかけるものなので、アレルギークリニックの先生もノーファンデを推奨していらっしゃいました。(先生の記事はこちら

本来ファンデの後にはたくベビーパウダーやルースパウダーのみにしたという方も多いようで、ファンデ使用時よりやはり肌の状態がよくなったという声が多数です(。 ・ω・))フムフム

化粧崩れがないのでリップ程度しか持ち歩かなくていいですし、時短もうれしいところですね♪

肌トラブルは避けたいけど、どうしてもファンデなしでは不安という方のために医療用ファンデーションがあるという情報もありました。一般的にはミネラルファンデーションがお肌に優しいとのこと。

肌が弱いけど冠婚葬祭イベントがあるといった時にはミネラルファンデで対応するとよさそうですね!

ただ前提として、これらは日焼け止めなどの紫外線対策をきちんとした場合のメリットなのでご注意ください!何も塗らず紫外線ダメージをそのまま受けるとかえって肌に良くないです。

ファンデで紫外線対策をしていた方は、必ず別で日焼け止めかUVカット効果のあるものをつけてくださいね!

ノーファンデのデメリット

  • 化粧してる感がでにくい
  • すっぴん感がでる
  • 毛穴やニキビ跡などのカバーができない
  • ポイントメイクの発色が悪い

まあ、そもそもファンデーションをつける理由ってこれらを克服するためですよね;

ただ素肌か見た目のどちらを重視するかというだけの話なのだと思います。ノーファンデがいくら肌にいいといっても、やはりファンデをしている人と並べばしている人のほうがキレイに見えるのです。

ポイントメイクもファンデーションありきで作られているものが多いのでしかり。

しかしフェイスパウダーだけでもつけておけば、ある程度すっぴん感は軽減されるのではないでしょうか?

今回私が購入を迷っているのもフェイスパウダーで、サンプルをつけた際よれも少なく肌がきれいに見えたのが理由です。

もしよければ、皆さんそのあたりコメント下さい

きれいに見せるために気をつけるポイントは?

1.パウダーで仕上げる

日焼け止め → 化粧下地 → フェイスパウダー

この順番でベースを仕上げましょう!
合成ポリマーの入っていないパウダーを選ぶのが肌に優しくてお勧めです。

私のように色がつく事が気にならない方でしたら色つきの下地、パウダーを選んでもいいですね。

気になる症状によってパウダーを変えるのも効果的です☆

ニキビ跡が気になるなら  パール入りのもの
毛穴が気になるなら    透明シリコン入りのもの

2.ポイントメイクは眉・チーク・リップをしっかり

まず、ノーファンデでメイクする場合は以下のことに気をつけるといいようです。

  • マスカラ推奨
  • アイシャドウはパール入りなどのツヤ感を出してくれるものを選ぶ
  • アイラインを引く場合は目尻のみ、はみ出しも1mm程度に抑える
  • チーク・リップを塗る
  • 眉メイクをする(せめて整える)

色の選び方はファンデありと特に変わりません。

ノーファンデにしたことでチークを塗るとおかしくなるのでは?と心配される方がいるようですが、塗ったほうがいいようです。

あとノーファンデかどうかに関わらず、眉・チーク・リップに重点を置いてメイクした方がバランスが良くきれいに見えるそうです。ノーファンデは”化粧してる感”が出にくいので、特に気をつけたいところですね☆

参考にしたのはこのページ
アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

私は先日、リップクリームを切らせてしまってリップを直付けしていたら、いつもより濃くついていたようで「今日は化粧してるね」と母に言われました。一応いつもしてるんですけど(笑)

唇にしっかり色がついているだけで”化粧してる感”が出るんだな~と実感しました。

チークはまだするつもりはないのですが、”チークなしメイク”というものを見つけたので参考にしてみようかなと思います。目元と口元を強調するのがコツとのこと(^^)/→アラサーは塗らない。大人なトレンド「チークレス」メイクのコツ

私は元々まつ毛パーマをかける習慣があるので、目元はそこそこに強調されています(と思ってます)から、あとはリップに気をつけていく感じでやってみようかなと思っています。

まとめ

今回はノーファンデについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

現在ファンデーションをしていて、ニキビや肌荒れに困っているという方がいらっしゃいましたら、ノーファンデを試してみるのは大いにおススメです!

ポイントメイクで”化粧してる感”をある程度維持しつつ、以前より健康的なお肌を手に入れることができます。

ご興味を持っていただけたら、ぜひお試しください(^^)b

 

                            

え?けっきょく晴はパウダーを買うのかって?

それはまた、別の記事で☆

スポンサーリンク






スポンサーリンク