調べたこと

名古屋市で粗大ごみを大量処分!自己搬入が断然お得!

皆さんこんにちは、晴です。

更新に間が開いてしまってすみませんでした;;

スポンサーリンク

実はもうすぐ、私の実家の古い一軒家をリフォームして旦那と引っ越す予定があり、最近の週末は工事前の片付けに追われています。

何せ10年間物置き状態でしたので、家具も衣類も小物もわんさか置かれている状況。しかも父母の物ばかりなので、私が勝手に仕分けするわけにも行かず、週末父母どちらかの手が空いているときにしか作業ができませんでした。

片付ける前の写真

 

3ヶ月ほど前から小物や衣類を整理し始めて、最近ようやく家具が持ち出せるくらいの状態になり、月曜の祝日に一気に断捨離することができました!

(小物・衣類は普通に家庭ごみとして少しずつ処分していきました)

私の実家は名古屋市なので、今回は名古屋市の規定に則って破砕工場へ粗大ごみを自己搬入するという方法で処分しました。

今回はその方法を選んだ経緯から、実際やってみてどうだったかをレビューしていきたいと思います!

粗大ごみの処分方法って何があるの?

まず断捨離を始める前、一般的な方法以外に何があるのか知りたかったので調べてみました。

粗大ごみの処分方法

  1. 窓口で予約し、専用シールを貼って指定された日に持っていってもらう
  2. 民間業者に頼む
  3. 処分場へ自分で持っていく
  4. (リフォームする場合)リフォーム会社へ頼む

この4つがありました。

1が最も一般的だと思いますが、私が今回処分するものは大量です。

窓口に予約したりシールを買ってきたり、指定された日に出さないといけないというのは難しいだろうと思いました。

次に2です。いくつかの片付けや遺品整理の業者を検索してみたところ、リフォームする家の2LDKを片付けるのに15万円ほどかかるようでした。

これは最終手段だなと判断。

そして3です。自分で搬入するのだから当然安く済むだろうと考えていましたが、名古屋市のHPを見てみると10kg/200円でした。果たして何kgあるかは不明でしたが、どう考えても断然安いでしょう!

大量に運ぶためトラックをレンタルする必要はありましたが、月~金なら祝日でも受け付けているというところもGOODです!

というわけで、何とか都合をつけて7/16(月祝)に搬入しようと目論見ました。

ちなみに最近になってリフォーム会社で処分するとどのくらいになるか聞いてみたのですが、ベッドクラスの大物で8,000円程度とのことでしたので、自分たちで運ぶのが難しそうな食器棚だけお願いすることにしました。

名古屋市の粗大ごみ規定をざっくり解説

※印刷しやすいPDFファイルはこちら→名古屋市ゴミの自己搬入

図にしてこんな感じです。分かりやすくなったでしょうか?.。゚+.(´∀`○)゚+.゚。

私は今回大江破砕工場へ搬入してきました。下の項目で実際の流れを書いていきますね♪

スポンサーリンク





実際搬入してどうだったか?

まず、私が搬入した日の流れは以下です。

当日の流れ

8:30 リフォーム先到着。玄関外へ家具の持ち出しを開始

10:00 2tトラックをレンタル、ホームセンターへブルーシート&ロープの買出し

10:50 トラックへ積み込み開始

11:30 搬入第1弾へ出発!

11:50 環境事業所へ到着、手続き

12:20 昼食

12:55 大江破砕工場へ到着、荷降ろし

13:40 戻って積み込み開始

13:55 搬入第2弾出発!

14:20 環境事業所で手続き2回目

14:50 大江破砕工場へ到着、荷降ろし

15:40 トラックを返却し、ミッション完了!

搬入した量

搬入第1弾 ・・・ 310kg

搬入第2弾 ・・・ 270kg

合計580kg

いや~、家の前まで出すのも積み込むのも大変でした(ノ ̄□ ̄)ノ

大江破砕工場での流れ

  1. 受付で環境事業所でもらった書類を渡し、車ごと計量する
  2. 工場内でコンベアーへ処分品を放り込む
  3. 出口で荷物の減った車を再計量し、精算して終了

受付場所

工場の荷降ろし場所

ここを見たときちょっと心が躍ったのは私だけでしょうか(笑)

写真に写っている車の後ろに壁まで広がる穴があって、その中のコンベアーが投入した荷物を壁の向こうまで運んでくれます。

私たちは荷台から直で荷物を落とせるように駐車し、かなり豪快に荷降ろししてきました!快感ヽ(*´∀`)ノ !!

搬入1回目2回目で5台程度、他の搬入車を見かけました。私たちのようなトラックではなく普通車です。環境事業所へ行かなければならないので割と手間だとは思うのですが、意外と利用者はいらっしゃるようですね。

モタモタしていられなかったのであまり写真が撮れなかったのが残念です。

途中感じたあれこれ

・大江破砕工場はナビやグーグルさんではたどり着けなかったので、環境事業所で地図をもらっておくと良い(私たちは地図を無視して迷いました)

・工場への搬入は12:00~12:45が昼休みなので、第1弾をもっと早く持っていけると良かった

・手持ちの車で持っていけると更に安上がり

・工場へ持ち込む前に、毎回環境事業所へ行かなければならない(複数の車の場合は全車行く必要がある)

・住む地区によるが、受付終了時間が早いためなるべく人手のある日に行うとよい

・暑い時期にやる場合は、飲み物・タオルが必須!!久しぶりにあんなにがぶ飲みしました!

・なるべく軍手を着用しましょう

・持ち込めるのは大まかに不燃ごみ、粗大ごみです。資源ごみや家電リサイクル法対象品目・パソコンなど持ち込みできないものも多いので、HPをよく読んで注意してください。

かかった費用

搬入第1弾
廃棄重量310kg × 20円 = 6,200円

搬入第2弾
廃棄重量270kg × 20円 = 5,400円

廃棄料金合計
6,200円 + 5,400円 = 11,600円

レンタカー代
パワーゲート付2トントラック6時間 8,800円

備品代
荷物の落下防止用ブルーシート+ロープ代 1,874円

総合計
11,600円 + 8,800円 + 1,874円 =22,274円

補足

片付けたかった物に洗濯機やテレビもありました。

それらは家電リサイクル法対象品目のため破砕工場へは持込ができず、近所のヤマダ電機さんのリサイクル窓口でお金を払い、引き取っていただきました。

出張料金を払えば取りに来てくれますが、何とか車に入りましたので自分で持って行きました。店舗駐車場で受け渡して終了です。予約も必要なくて簡単でした☆

ただ、洗濯機の水を抜ききるのは難しかったのでゴミ袋を下に敷いて防水していました。そこは車に乗せるにあたり若干心配だったところです;;

もっと安く上げる方法に郵便局で処分料を払った後、自分で指定の場所まで持っていくという方法もありました。しかし処分料の規定がわかりづらく、間違った金額を払ってしまったりやり直しになったりしたら嫌でしたので私たちは家電屋へ持込む方を選びました。

また、自分で分解・分別して家庭ゴミとして捨てればタダという事もよく聞きますが、危険なこともありますし手間と時間もかかるためやめておきました。

元より袋に入る程度のものは不燃ゴミとして出しましたけどね(ゝ∀・*)

最後に

そんな感じで、今回私と旦那が粗大ゴミを一斉処分してきた感想を書いてみました!いかがでしたでしょうか?

今回の私のように実家を整理されるという方、引越し前に物を処分したいなどの方々の参考になればうれしいです!

私は名古屋市でしたが、”自分の地域名 粗大ゴミ 処分”で検索すれば皆さんの地域のHPが出てくると思いますので、お片づけの際にはぜひご参考ください(^^)/

スポンサーリンク